HGUC ギャン

HGUC ギャン

ガンプラの箱って捨てれないよね 1/144 HGUC ギャン 制作記(8)

タイトルの通り、ガンプラの箱って捨てられない症候群の人多いと思います。そういう僕も同じです。興味ない人には「箱なんか取っておいてもかさばるだけで邪魔でしょ」っていう感じでしょうね。(うちの嫁さんは今のところ置いてていいって言ってくれてますが、これ以上増えると危険)
2020.08.27
HGUC ギャン

いい感じのギャンになりました~ 1/144 HGUC ギャン 制作記(7)

前回で完成しても良かったのですが、もうちょっと手を入れたいと思ったので今回は「錆」とかも入れてみようと。 (写真撮るの忘れたのですが・・・)タミヤ エナメルのブラウンで雨垂れによる錆を入れて、下の写真のタミヤ「ウェザリングマスター」でエッジなどを仕上げます。
2020.05.19
HGUC ギャン

それらしくテキトーに汚してみよう! 1/144 HGUC ギャン 制作記(6)

前回まででスミ入れまでを終わらせたので、そこで終わらせても良かったんですが、やっぱりちょっと物足りないというか、欲張った結果、今回はそれらしく汚しも入れてみようと思います。 まず、ここまでの状態を一時的に保存する意味で、つや消しクリアーを全体に塗装します。僕は普段エアブラシで塗装しているのですが、缶スプレーのつや消しでも大丈夫。クリアー塗装をするのって結構難しいので、最初はランナーとかプラスチックのスプーンとかで練習したほうがいいと思います。
HGUC ギャン

スミ入れぐらいはしておこう・・・ 1/144 HGUC ギャン 制作記(5)

今回は簡単に仕上げたいと思っていたので、とりあえず「つや消し」で完成させるとして、そうなると「スミ入れ」を先にしないといけないということで、今回は「スミ入れ」をします。 まず、「スミ入れ」って何なのか?って人の為に、簡単に説明しますね。
HGUC ギャン

簡単な一手間でかっこよく 1/144 HGUCギャン 制作記(4)

前回は目立った合わせ目消しをしましたが、今回は「頭部」のあの部分。そう、とんがり部分です。 ガンプラのほとんどは怪我しないように、尖っているパーツの先端は丸くなっていたりします。もちろん、それでもカッコよく見えるように設計されていると思いますが、一手間加えるだけでシャープな先端が出せると、より理想のガンプラに近づくってもんです。
2020.08.27
HGUC ギャン

合わせ目消しはやっておこう! 1/144 HGUC ギャン制作記(3)

順調に進んでいるギャンですが、全てのゲート処理を完了しました。しかし、どうしても気になるのが「合わせ目」ですね。今回作っているHGUC ギャンはリメイク版なので前回までの記事にあったように、ほぼ合わせ目が目立たないような設計になっていて
HGUC ギャン

あれ?塗装いるんじゃね? 1/144 HGUCギャン 制作記(2)

さて、綺麗に作るというテーマで作っている「HGUC ギャン」ですが、素組が終わったのでゲート処理をしました。以前の記事にも書きましたが、プラモデルには「ゲート」と呼ばれるパーツとランナーを繋ぐ部分があって、綺麗にガンプラを作るにはそこを綺麗に処理することが重要になってきます。
2020.05.02
HGUC ギャン

HGUC 1/144 ギャン 制作記(1)

「ギャン」って名前、どういう発想で名付けたんでしょうか?不思議な響きの「ギャン」ですが、アニメ「機動戦士ガンダム」に登場するジオン公国のモビルスーツです。白兵戦に特化しており、騎士のような姿が印象的ですね。かっこいいけど、どこかカワイイよう...
スポンサーリンク