2024/3/10 ウォーロックイージスガンダム 完成品ギャラリー追加

HGBF ホットスクランブルガンダム 進捗状況2【製作代行】

スポンサーリンク

【広告】プレミアムバンダイ最新情報

iconicon iconicon
iconicon iconicon
iconicon iconicon
iconicon iconicon
スポンサーリンク
プレミアムバンダイ
記事内に広告が含まれています。

まいどおおきに!Akidou(@Akidou123)です。

こちらの記事では代行で製作している内容を書いています。

シールドの作成は少しずつ進めていますが、まず本体の状態をサフ前ぐらいまで進めているところです。

その方が各部に集中できますからね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【広告】プレミアムバンダイ直近販売ガンプラ商品

iconicon iconicon
iconicon iconicon
iconicon iconicon
iconicon iconicon

スクランブルガンダムの下半身はほぼ終了

下半身の各部調整を一通り終えたところです。

肉抜きの目立つ箇所はプラ板や瞬着パテなどで埋めて、表面処理とエッジ処理、ディテールの彫り込みなどが中心となっています。

後ハメ加工が必要なところはアンクルガードのみですが、脚自体合わせ目が目立たないので塗装後の組み立てで問題なさそうですね。

後ハメ加工と言えばフェイス部分ぐらいでしょうか。

スクランブルガンダムを作る時の参考になるかと思います。

クリアーパーツの前カメラと後ろカメラの部分を切ってしまい、ツインアイの上部分でL字にカットすれば、塗装後の接着で後ハメ加工が出来ます。

前後のカメラは塗装後に穴に差し込むことになりますが、後ろのカメラだけ頭部のトサカ部分に隙間がある為、動いてしまいます。

何かで塞ぐか真っ直ぐ差し込んで接着するように気をつけましょう。

左右の脚のカバー下部にあるスラスターのようなディテールは、彫り込みでフィン状に加工しています。

今回、あまりディテールアップはしないつもりですが、ここだけは元キットのままだと少し寂しい感じがしたので・・・。

上半身は後ハメ加工等も終わり、下半身同様に表面やディテールの彫り込みなどをしていくところで、次回に続きます。

AkidouGreadModelingでは、今回のように「途中で挫折したキット」などもお受けしております。「パーツが破損して挫折した」「途中で飽きてしまって眠ったまま」などのキットを完成まで持っていくことも可能です。

状態によっては難しい場合もあるので、まずはお気軽にメール、またはSNSのDMでご相談ください。

それではまた!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【広告】プレミアムバンダイ直近販売キャラクター商品

iconicon iconicon
iconicon iconicon
iconicon iconicon
iconicon iconicon
製作代行ガンダムビルドファイターズ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
駿河屋 新品特価プラモデル特集

コメント

タイトルとURLをコピーしました