AkidouGreadModeling

当ブログにお越しいただきありがとうございます!
こちらで掲載している完成品や検証記事などを、Youtubeチャンネルでも配信しています(^-^)
今後も色々な動画を配信していく予定なので、良ければ一度ご覧ください!あわよくば、チャンネル登録をしていただけると嬉しいです(^o^)/

AkidouGreadModeling YouTubeチャンネルはこちら
初心者向けメニュー

【ガンプラ初心者向け】ガンプラ塗装のすすめ ~筆編~

塗装のすすめ~筆編~ 塗料について
この記事は約2分で読めます。
まいどおおきに!Akidou(@Akidou123)です!
「ガンプラの塗装ってどうやるの?」
「塗料っていっぱいあるけどどれがいいの?」
「道具をそろえるのにお金がかかりそう・・・」

ガンプラを始めた人が必ずやってみたくなるのが『塗装』。雑誌の作例やSNSなどの投稿作品でカッコいいと思った作品がとても上手な塗装だったら、自分も同じような作品を作ってみたいと思いますよね。

でも、初心者にとって『塗装』は上記のように難しい印象を持っている人が多いと思います。(僕もそうでした。)

この記事では、出戻りモデラー歴4年の僕だから分かる初心の気持ちと蓄えた知識で、実験と写真を交えて塗装の『筆塗り』について解説していきます。

 

塗装をする方法

塗装のすすめ~筆編~ 塗装を始めよう

そもそも塗装ってどういう方法があるのか?というところから考えてみましょう。

 

ガンプラ(プラモデル)の塗装には主に次の方法があります。

  • 筆塗り
  • ペン塗り
  • スプレー塗装
  • エアブラシ塗装

他にもあるかも知れませんが、まずはこの4種類の方法があるという事だけ知っていれば問題なさそうです。

順番に見ていきましょう。

 

筆塗り

『筆塗り』は皆さんも知っている「筆」を使った塗装方法です。

筆塗りは作業環境に左右されにくく、いくつかの道具を揃えるだけで「安価に」かつ「簡単に」塗装が出来るのが最大のメリット。また塗料を調色出来るので、好きな色を作り出すことが出来ます。

その一方で、慣れるまでは色ムラが出やすかったり筆の扱いに慣れる必要があったりというデメリットも。

それでも、一番最初に塗装をするなら『筆塗り』はオススメです。
この記事は『筆塗り』編なので、揃える道具などについては後述します。

 

ペン塗り

これは主にガンプラに限るかも知れませんが、メーカーから市販されている「ガンダムマーカー」を使った『ペン塗り』という方法もあります。

メリットは筆塗りよりも必要とする道具が少なく、「ガンダムマーカー」があればすぐに塗装を楽しめます。ペンタイプなので、普段使っている筆記用具の感覚で塗装が出来るのも初心者にとっては簡単ですね。

デメリットは「ガンダムマーカー」の色が限定されているということ。最近はたくさん種類がありますが、それでも通常の塗料と比べて「決まった色」しかありません。

とは言え、簡単に塗装が出来ることから、「部分塗装」と呼ばれる完成形を目指す人には取っ付きやすい方法です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました