2024/2/06 ゼノギアス ギャラリー追加

【ガンプラキットレビュー】 HG 1/144 ジェノアス【機動戦士ガンダムAGE】

スポンサーリンク

【広告】プレミアムバンダイ最新情報

iconicon iconicon
iconicon iconicon
iconicon iconicon
iconicon iconicon
スポンサーリンク
プレミアムバンダイ
記事内に広告が含まれています。

まいどおおきに!Akidou(@Akidou123)です!

今回のガンプラキットレビューは「機動戦士ガンダムAGE」から「HG 1/144 ジェノアス」をレビューしていきます!

1/144 HG ジェノアス キットレビュー パッケージ

TVシリーズ「機動戦士ガンダムAGE」に登場した地球連邦軍の量産型MS「RGE-B790 ジェノアス」をバンダイが「HG 1/144」スケールで発売したキットです。

作品内で「量産機の最高傑作」と称されるこの「ジェノアス」ですが、個人的には「量産機プラモの中でも傑作」だと思いました。

デザインは好みがあるので置いておいて、驚きの可動域を見せてくれるキットなので、気になった方はぜひレビューをご覧いただいた後は実際に手にしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【広告】プレミアムバンダイ直近販売ガンプラ商品

iconicon iconicon
iconicon iconicon
iconicon iconicon
iconicon iconicon

Akidou的キット総評

まず結果として、下記のような印象です。それぞれのポイントを☆で表しました。
基準値は3.0として、僕なりの印象を☆で表しました。

初心者向け:5.0 (パーツの細かさなど作りやすいかどうか)
アクション:5.0(アクションポーズのとりやすさ)
素組み再現度:4.0(塗装をしなくても色分けの再現が出来てるかどうか)
オプション3.0(ハンドパーツ、武器パーツなどの豊富さ)

星が低い=良くないキットというわけではありません。

例えば、素組みフィニッシュ派の方なら「素組み再現度」が☆5に近い方が満足いくでしょうし、ポーズをつけて遊びたい派の方なら「アクション」の☆が5に近いほうが満足いくでしょう。そういう感じで参考にしていただければと思います。

パッケージ&ランナー紹介

1/144 HG ジェノアス キットレビュー パッケージ

機動戦士ガンダムAGEに登場する地球連邦軍の量産型MS「ジェノアス」。

元々は警備用のMS(モビルセキュリティ)だったこともあり、各部の形状は非常にシンプルな構造となっています。作中では「量産機の傑作」と言わせる程、拡張性も高く、後に「ジェノアスII」など「ジェノアス」系統の機体も開発されました。

しかし、実際強いのかと言うとそうでもなく、紙のような装甲でヴェイガンと必死に戦っていました(笑)

でも量産機ってそういうものですよねー(棒読み)。

数は多いけど、ミサイル一発当たるだけで撃破されるぐらいの弱さも「量産機」の魅力と言えます。

装備している武装は「ビームスプレーガン」「ヒートスティック」「シールド」の3点で、初期設定では「ビームサーベル」も持っているということだったそうですが、作中では一度も使われていないようです。また、途中「ドッズガン」を装備することもありましたが、キットには付属されていないようです。

久し振りの量産機キットのレビューなので、とても楽しみですが、はたしてどのような仕上がりになるのでしょうか?

それでは、ランナーを見てみましょう。

ランナーは全部で5枚とポリキャップ、ホイルシールとなってます。

1/144 HG ジェノアス キットレビュー ランナー

Aランナーは4色で作られたランナーで、ほとんどの外装パーツがこの1枚に集約されています。

パーツの分割構造などもかなり考えられており、合わせ目のほとんどはディテールに沿ったものとなっています。

1/144 HG ジェノアス キットレビュー Bランナー

Bランナーは、内部フレーム的なパーツです。

MSの基本的な構造で、非常にシンプルな作りとなっているのが特徴で、組み立てていて普通に楽しかったですね^^

1/144 HG ジェノアス キットレビュー Cランナー

Cランナーは、赤い装甲のパーツです。

肩や爪先、頭部などがありますね。

Aランナーの同じ色の成型色の部分を、こっちのランナーに持って来れなかったのには理由があるのでしょうね^^;

1/144 HG ジェノアス キットレビュー クリアーパーツ
1/144 HG ジェノアス キットレビュー クリアーパーツ

クリアーパーツは、バイザーとビームサーベル。

実は、バイザーの下はモノアイになっていて、付属のシールを貼ることでバイザー越しに若干見えるのも嬉しいポイントです。

1/144 HG ジェノアス キットレビュー ポリキャップ

ポリキャップは「PC-001」

比較的最近のキットにあったポリキャップですね。

1/144 HG ジェノアス キットレビュー ホイルシール

ホイルシールです。

色分けが必要となる部分は、頭部やスプレーガンのセンサー部分と、モノアイの部分、後は肩の前後にあるグレーの凹ディテールのみで、それ以外は全てパーツの成型色だけで再現されています。

これは素組み派にとっては嬉しいですね^^

しかもこれぐらいの小さな部分だけなら、部分塗装も簡単ですし。(モノアイは別ですが)

ということで、全84パーツで完成します。

1/144 HG ジェノアス キットレビュー 組立説明書
1/144 HG ジェノアス キットレビュー 組立説明書

組立説明書はAGEのワンシーンがちりばめられたデザイン。

カラーガイドがいつもと違ってオシャレに感じますね(笑)

まぁ、特にこれと言って珍しい部分も無い、最近のガンプラの組立説明書って感じです^^;

素組み完成

1/144 HG ジェノアス キットレビュー 素組み完成

素組みが完成しました。

各部シンプルな構造をしていますが、量産機らしい弱々しさも感じさせてくれます。やはりAGEシリーズのMSはデザインが個性的ですね。個人的には好きですが、受け付けないという方もいるのは納得いきます。ターンエーやGレコも同じ類ですね。

1/144 HG ジェノアス キットレビュー 素組み完成
1/144 HG ジェノアス キットレビュー 素組み完成

全体的なスタイルも悪くないですし、ディテール感も良い感じです。

合わせ目も探さないと分からないぐらい目立たない印象なので、素組みで完成させてもカッコ良く仕上がってくれます。

1/144 HG ジェノアス キットレビュー 素組み完成
1/144 HG ジェノアス キットレビュー 素組み完成

肩のバーニアや胸部のモールドなど、目に付きやすいポイントにディテールがあるので、こういった部分をしっかりと作ってあげると、完成度があがりそうな気はしますね。

肩の前面(後面)にある、長方形の凹ディテールはホイルシールが貼っています。

1/144 HG ジェノアス キットレビュー 素組み完成

脚部のディテール感もとってもいいですね。

合わせ目は正面には出ないように出来ていますし、足首の可動部もポリキャップ剥き出しではなく、ちゃんとフレームパーツがあるので見映えも悪くありません。あまり傾けすぎると露出してしまいますが・・・(笑)

1/144 HG ジェノアス キットレビュー 素組み完成

腕部もポリキャップは見えず、上腕の回転ロール、肘関節に加えて手首ブロックの可動もあるので、よく動いてくれる部分です。その点は、後ほど画像でご紹介します。

シールドの裏側には、ヒートスティックを携帯できるようになっていて、腕とシールドの隙間から差し込めるようになっています。

ハンドパーツは、握り手、平手が左右1つずつ、計4つ付いています。

1/144 HG ジェノアス キットレビュー 素組み完成

ビームスプレーガンはいつものごとく、左右貼り合わせなので、センターに合わせ目が入ります。

ハンドパーツは握り手が付属しており、差し込んで持たせるタイプなので武器の持ち替えも非常に簡単です。

写真には写っていませんが、センサー部分にシールを1枚貼る箇所があります。

1/144 HG ジェノアス キットレビュー 素組み完成

こちらは脚部背面です。

ふくらはぎのところに合わせ目が入りますが、凹ディテールなどのパネルラインに入っているので、まったく目立ちませんね。

1/144 HG ジェノアス キットレビュー 素組み完成

ボディ背面には大きなバーニアが1基ついています。

とてもシンプルな構造なので、ごちゃごちゃした部分が無い分、隙間から見える部分にも目がいきやすいです。

腰の内側裏面などもチラ見してしまうので、気になる方は肉抜きを埋めたり、暗いグレーなどで塗り分けると良いかも知れません。

1/144 HG ジェノアス キットレビュー 素組み完成

肩上部から見ると、肩パーツに合わせ目がありますが、これも凹ディテールとなっているので合わせ目処理は必要ないでしょう。

頭部もディテールに合わせて分割ラインが入っているので、合わせ目処理は必要なさそうです。

こう見てみると、かなり目立つ合わせ目は少ないキットだということが分かります。

HG 1/144 ジェノアスの可動域について

1/144 HG ジェノアス キットレビュー 可動域のチェック

首の可動域はお世辞にも広いとは言えませんが、上下左右に可動します。

左右の回転の限界は写真上側程度です。反対側も同じ程度と思ってください。

写真下側は上を見上げた状態です。

可動域は良いとして、問題は首の関節の緩さです。かなりユルユルなので、気になる人もいるかと思います。好きな角度で固定するぐらいは可能なので、ポージングなどでストレスになることは無いです。

ただ、首を横に傾けすぎるとポロっと取れるので、その点は注意が必要です。

1/144 HG ジェノアス キットレビュー 可動域のチェック

腹部には内部にボールジョイントが仕込まれていて、写真のように前後に稼働します。

人間で言う「みぞおち」の辺りで可動するイメージです。

ただ、可動するとどうしても脇腹下のパーツが写真のように空いてしまいます。

1/144 HG ジェノアス キットレビュー 可動域のチェック

同じ箇所を起点に左右にも傾ける事が出来ます。

どちらもだいたいこれぐらいまで傾けることが出来ます。

この傾きはポージングにはかなり活かされるポイントだと思うので、嬉しいポイントですね^^

1/144 HG ジェノアス キットレビュー 可動域のチェック

腰の可動箇所では左右に回転します。

こちらは干渉する部分が無いので、360度回転可能です。

1/144 HG ジェノアス キットレビュー 可動域のチェック

両腕はだいたい水平になる程度までは上がります。

肩の形状的にボディとの干渉が理由で、肩自体は若干しか上がりません。

1/144 HG ジェノアス キットレビュー 可動域のチェック

上腕と肩の接続部に回転ロールがあるので、腕自体は360度回転可能です。

1/144 HG ジェノアス キットレビュー 可動域のチェック

肘関節はほぼ90度まで曲げることが出来、追加で手首のブロックが若干内側に可動可能な為、よりポージングに自然さが生まれます。

1/144 HG ジェノアス キットレビュー 可動域のチェック

今回、このキットで驚いたのがこの脚部の可動域。

脚は左右にこれだけ開脚可能です。腰パーツがシンプルな分、干渉する部分が少ないおかげでかなりの開脚が可能。

1/144 HG ジェノアス キットレビュー 可動域のチェック

前後への可動はこれぐらいとなります。

後ろへの可動はほぼ90度ですね。前への可動は太もも前面のパーツが腰パーツに干渉してしまう為、これ以上あげることが出来ません。

1/144 HG ジェノアス キットレビュー 可動域のチェック

膝は二重関節になっていて、太もも側だけを曲げたのが写真左側、脛側も曲げたものが写真右側となっています。

かなり深く曲がってくれるので、「もしかしたら立て膝ポーズが出来るかも」と思いましたが、脚部付け根の関節で前方への可動が少し狭かったので、残念ながら出来ませんでした。

あと、太ももにも回転ロールの軸があるので、脚自体を360度回転させることは可能です。

1/144 HG ジェノアス キットレビュー 可動域のチェック

足首は前後左右に傾けることが可能です。

前後はまぁまぁ普通の可動域ですが、驚いたのはこの左右への傾きです。

かなり広い範囲で傾けることが可能なので・・・

1/144 HG ジェノアス キットレビュー 可動域のチェック

これだけ開脚しても、地面への接地がしっかりと出来ているという。これは驚きました。

まぁRGのゴッドガンダムはもっと可能だということだそうですが、それを除けば、これほど開脚が可能なキットは少ないのではないでしょうか?

1/144 HG ジェノアス キットレビュー 可動域のチェック

ただ、足裏には肉抜きがあるので、少し残念ですね。

HG 1/144 ジェノアスのポージング

少しだけポージング写真揃えてみました。(初めてギャラリーを使ってみましたが見やすいかな?)

HG 1/144 ジェノアスの総評

1/144 HG ジェノアス キットレビュー

という事で、ガンプラキットレビュー「HG 1/144 ジェノアス」はいかがでしたか?

改めてもう一度、評価を記載しておきます。

初心者向け:5.0 (パーツの細かさなど作りやすいかどうか)
アクション:5.0(アクションポーズのとりやすさ)
素組み再現度:4.0(塗装をしなくても色分けの再現が出来てるかどうか)
オプション3.0(ハンドパーツ、武器パーツなどの豊富さ)

「初心者向け」は、作り方が分かりやすく初心者にもちょうどいい内容の為、“5”
「アクション」は、かなりの可動域で多彩なアクションポーズが取れるので、“5”
「素組み再現度」は、シールが非常に少なく、ほぼパーツのみで再現できているので、“4”
「オプション」は、ハンドパーツや武器がもう少し欲しかったなぁと感じたので、“3”

となりました。

今回の「HG 1/144 ジェノアス」は、好き嫌いはあるけれど、初心者にも作りやすくてアレンジしやすい量産機で可動域も文句なしの良キットという印象でした。

カラーリングを変えるだけでも良し、好きなスタイルにミキシングで改造するも良し、ただキレイに作るのも良し、と量産機のアレンジ性の高さと可動域が相まって、かなり手を入れやすいキットではないでしょうか?

まぁそもそもこのデザインを好きになれないという方も多いと思いますが・・・(笑)

比較的再販の可能性が高いキットなので、タイミング良く見つけたら購入しても損は無いと思います。

ということで、HG 1/144 ジェノアスのレビューは終了となります。

次回は、クロスボーンバンガードからあのキットをレビューします。

それでは~

駿河屋プラモデル
↑キットの画像をタップして「駿河屋」で在庫をチェックしてみよう!

駿河屋あんしん&らくらく買取

↑メーカー希望小売価格は¥1,320(税込)です。購入価格は自己判断でご購入ください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます!
他にもいろんな記事があるので、ぜひ参考になりそうな記事があればご覧ください。良ければ、記事の感想や質問などあればコメントでいただけると嬉しいです^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました