プレミアムバンダイ最新ガンプラ情報 ※更新のタイミングにより在庫状況が変わる場合がございます。
iconiconiconicon
iconiconiconicon

【ガンプラキットレビュー】 旧キット 1/144 ガンダムローズ【機動武闘伝Gガンダム】

まいどおおきに!Akidou(@Akidou123)です!

今回のガンプラキットレビューは「機動武闘伝Gガンダム」から旧キット「1/144 ガンダムローズ」をレビューしていきます!

1/144 旧キット ガンダムローズ キットレビュー パッケージ

「機動武闘伝Gガンダム」に登場するシャッフル同盟のうちの1体、”ジョルジュ・ド・サンド”が搭乗するモビルファイター「ガンダムローズ」です。

以前、同じくシャッフル同盟の「ガンダムマックスター」をレビューしましたが、あれから少し時間を空けてこちらのローズも購入しました。

いずれシャッフル同盟すべてを作って揃えたいと考えていますが、いまだに「ドラゴンガンダム」だけが見つかっておりません。

今回もアニメ放映当時に発売した1/144キットですが、はたして、完成度はどのような仕上がりなのか?楽しみです^^

スポンサーリンク
プレミアムバンダイ最新ガンプラ情報 ※更新のタイミングにより在庫状況が変わる場合がございます。
iconiconiconicon
iconiconiconicon
iconiconiconicon

Akidou的キット総評

まず結果として、下記のような印象です。それぞれのポイントを☆で表しました。
基準値は3.0として、僕なりの印象を☆で表しました。

初心者向け:5.0 (パーツの細かさなど作りやすいかどうか)
アクション:2.0(アクションポーズのとりやすさ)
素組み再現度:2.0(塗装をしなくても色分けの再現が出来てるかどうか)
オプション2.0(ハンドパーツ、武器パーツなどの豊富さ)

星が低い=良くないキットというわけではありません。

例えば、素組みフィニッシュ派の方なら「素組み再現度」が☆5に近い方が満足いくでしょうし、ポーズをつけて遊びたい派の方なら「アクション」の☆が5に近いほうが満足いくでしょう。そういう感じで参考にしていただければと思います。

パッケージ&ランナー紹介

1/144 旧キット ガンダムローズ キットレビュー

機動武闘伝Gガンダムに登場するジャックインダイヤこと”ジョルジュ・ド・サンド”のモビルファイターが「ガンダムローズ」です。

騎士道精神に溢れたネオフランスの貴公子「ジョルジュ」にふさわしいモビルファイターで、左肩にはマント形状のシールド、武器としてサーベル状の「シュバリエサーベル」、極めつけは薔薇の花弁を模した「ローゼスビット」など、絵に描いたような「貴公子要素」がちりばめられています。

主人公”ドモン・カッシュ”と同じく、「シャッフル同盟」5機の内の1機。

全高16.2mと、初代ガンダムより小さく、F91に近いサイズなのは意外。

基本的には「ローゼスビット」を使用した技が多く、この「ビット」とは「機動戦士ガンダム」に登場した「エルメス」に搭載されたそれと同様、パイロットの脳波によるコントロールで操作されます。

Akidou
Akidou

似たような武装を装備しているモビルファイターはおらず作品内では意外と貴重な存在ですね。

それでは、ランナーを見てみましょう。

ランナーが全部で3枚とポリキャップ、ホイルシールとなってます。

1/144 旧キット ガンダムローズ キットレビュー ランナー紹介
1/144 旧キット ガンダムローズ キットレビュー ランナー紹介
1/144 旧キット ガンダムローズ キットレビュー ランナー紹介

各部ランナーです。

色分けとしては全部で4色成型となっていますね。

ただ、この価格帯の1/144シリーズのクオリティはお世辞にも良いとは言えないので、色分けもそこまで再現性は高くないと思います。

1/144 旧キット ガンダムローズ キットレビュー ランナー紹介

左肩のマント型シールドの表面は特殊加工がされており、ザラザラした表面となっています。

昔のキットになりますが、1/72ダンバインのキットでも同様の加工がされており、そちらは当時のモデラーからは「ヤスリ掛けしたら削れるから不便」と不評でした。

しかし、こちらを見てみると、ゲートが付いている部分は加工されていない縁になるので、そうなるとこのザラザラ加工はそのまま利用できると考えて良さそうです。

ただ1点、残念な点を挙げるとすると、後ほど写真載せますが、このザラザラ面にジャックインダイヤの紋章シールを貼ることになるので、シールがすぐに剥がれてしまうというです。

1/144 旧キット ガンダムローズ キットレビュー ポリキャップとホイルシール

ポリキャップはPC-107が付属しており、同1/144シリーズ共通のポリキャップとなっています。

ホイルシールは思ったより少ないですが、これは「色分けの再現性が高いから」ではなく、単純に「色分けをする箇所が少ないから」だと思います。

ということで、全43パーツで完成します。

1/144 旧キット ガンダムローズ キットレビュー 組立説明書
1/144 旧キット ガンダムローズ キットレビュー 組立説明書

組立説明書はイラストと解説が含まれた内容となっています。

組立工程自体はとても簡単で、ガンプラを作ったことが無い初心者でも分かりやすい作りとなっています。

素組み完成

1/144 旧キット ガンダムローズ キットレビュー 素組み完成

素組みが完成しました。

この価格帯としてはそこまで悪くない完成度だと思いますが、やはり近年のHGクオリティを見慣れてしまうと、バランス含め各部形状に対しても物足りない感じは否めませんね。

1/144 旧キット ガンダムローズ キットレビュー 素組み完成
1/144 旧キット ガンダムローズ キットレビュー 素組み完成

左肩にはマント型シールド、背中にはコアランダーを装着しています。

先述した通り、肩のシールドに貼っている紋章のシールが、ザラザラ加工によって剥がれやすくなっているのは少し残念。

1/144 旧キット ガンダムローズ キットレビュー 素組み完成
1/144 旧キット ガンダムローズ キットレビュー 素組み完成

各部の形状、ディテールなどは最低限のクオリティは保たれている印象ですが、例えばアンクルガードなどが脛パーツと一体型になっていたり、胸の黄色い部分は白と赤のパーツを跨いで無理矢理1枚のシールを貼るなど、なかなか凄いキットです。

合わせ目はほとんどセンターに入っており、足首や脛のパーツはディテールやモールドを跨いでいるので、合わせ目消しはなかなか苦労しそうですね。

1/144 旧キット ガンダムローズ キットレビュー 素組み完成
1/144 旧キット ガンダムローズ キットレビュー 素組み完成

膝や肘の関節にあたるポリキャップは剥き出しとなっているので、気になる方は塗装が出来るようにプラ板で囲むなどの対処が必要です。

1/144 旧キット ガンダムローズ キットレビュー 素組み完成
1/144 旧キット ガンダムローズ キットレビュー 素組み完成

背中にあるコアランダーは取り外しが可能で、コックピット部分を折り畳むことで走行モードに変形することが出来ます。

低価格帯かつ1/144スケールでも再現してくれているのは嬉しいポイントですね。

ちなみに、他のガンダムファイターと違い、コアランダーを装着する時は背中にピンが付いています。が、装着する時はコックピット部が内部に収納される為、塗装をする方はコアランダーの脱着時の塗装剥がれに注意しましょう。

1/144 旧キット ガンダムローズ キットレビュー 素組み完成

ちなみに、左肩のマント型シールドは前後が可動式となっており、全開にした状態でようやく左腕が出現します。

この前後に可動するマントの内側にはローゼスビットの射出口があります。

1/144 旧キット ガンダムローズ キットレビュー 素組み完成

一応、しっかりディテールも入ったパーツが4つ配置されていますが、肝心の「ローゼスビット」が付属パーツとして用意されていないので、アクションポーズを取っても少し物足りないのが残念ですね。

Akidou
Akidou

個人的には、コアランダーの可動や着脱よりも、ローゼスビットをしっかりとつけて欲しかったなぁと思います。

ガンダムローズの可動域のチェック

1/144 旧キット ガンダムローズ キットレビュー 可動域のチェック

ガンダムローズの可動域のチェックをしていきます。

まず、首の可動ですが、左右だと写真の位置までが可能で、それ以上になると襟と顎が干渉してしまいます。

また、上下の可動はほぼほぼ皆無だと思っていただくと良いかと(笑)

1/144 旧キット ガンダムローズ キットレビュー 可動域のチェック
1/144 旧キット ガンダムローズ キットレビュー 可動域のチェック

腕は360度前後に回転させることが可能です。

しかし、開く可動域は写真程度しか不可能で、どちらの腕も肩が干渉してしまいます。

1/144 旧キット ガンダムローズ キットレビュー 可動域のチェック

さらに肘の関節は90度です。

後ほどポージング写真をお見せしますが、一つ一つの可動域がイマイチな感じがしますが、全てを掛け合わせた腕全体の可動域は

なんと・・・

かなり狭いです(笑)

まぁその辺もチェックポイントとして覚えておいてください。

1/144 旧キット ガンダムローズ キットレビュー 可動域のチェック
1/144 旧キット ガンダムローズ キットレビュー 可動域のチェック

脚の開く可動域はこれぐらいです。

脚の開きもお世辞にも良いとは言えず、ですがガンダムローズ自体、あまり脚を動かしたポージングを必要としない為、この可動域でもそれほど影響はないかと思います。

ちなみに、足首を見て「あれ?左右逆じゃね?」と思われた方もいるかも知れませんが、これが正しいようです。僕も記事作りながら同じように感じ、実物をチェックしてみましたが、そもそも左右どちらも同じパーツでした。

本当に中心に位置するものは、少し傾いただけで左右が違ってみえるということですね(笑)

1/144 旧キット ガンダムローズ キットレビュー 可動域のチェック
1/144 旧キット ガンダムローズ キットレビュー 可動域のチェック

脚は前後にスイング可能ですが、どちらも思っていたよりも狭い可動域で、いずれもスカート部分に太腿が当たることが原因です。

まぁ、他のモビルファイターならともかく、ガンダムローズはそこまで激しい格闘をするイメージで無いので、ここもまだ許容できる範囲かな?と自分を納得させます。

1/144 旧キット ガンダムローズ キットレビュー 可動域のチェック
1/144 旧キット ガンダムローズ キットレビュー 可動域のチェック

足首はボールジョイント接続ですが、前後左右若干の可動しかできず、これも気持ち動く程度のものなので接地性はあまり良いとは言えません。

可動域の紹介は以上です。

旧キット1/144シリーズの中では、比較的可動範囲は狭いほうではないでしょうか。

ットレビュー 1/144 R・ジャジャ ヴァリアブル・シールド展開

ガンダムローズのポージング

1/144 旧キット ガンダムローズ キットレビュー ポージング

それではしばらく、ポージングの写真をご覧ください。

1/144 旧キット ガンダムローズ キットレビュー ポージング
1/144 旧キット ガンダムローズ キットレビュー ポージング
1/144 旧キット ガンダムローズ キットレビュー ポージング
1/144 旧キット ガンダムローズ キットレビュー ポージング
1/144 旧キット ガンダムローズ キットレビュー ポージング
1/144 旧キット ガンダムローズ キットレビュー ポージング

いかがでしょうか?

可動範囲の時点であまり可動出来ない印象はありましたが、意外とガンダムローズの雰囲気を出せるポージングは出来なくはないと感じました。

ただ、武装としてはシュバリエサーベルしかないので、バリエーションが多くなく、誰がポージングを取ったとしてもだいたい同じパターンになってしまうのではないでしょうか。

やはりローゼスビットがあれば、(ディスプレイ用の支柱は必要ですが)もう少しバリエーションも増やせたとは思うのですが。

1/144 旧キット ガンダムローズ キットレビュー ポージング
1/144 旧キット ガンダムローズ キットレビュー ポージング

ちなみに、シュバリエサーベルは腰に携帯することが可能です。

が、写真でもお分かりの通り、若干可動の邪魔になるような位置なので、常に付けてポージングをさせるとなるとストレスを感じるかも知れません。

1/144 旧キット ガンダムローズ キットレビュー ポージング

また、鞘だけを残すことは不可能なので、手に持っている時は外す必要があります。

Akidou
Akidou

もし改造するなら、この柄と鞘を分離できるような仕組みを考えると、サーベルを使用しても鞘を外す必要がなくなるので、違和感なく装着出来ますね。

旧キット 1/144 ガンダムローズの総評

1/144 旧キット ガンダムローズ キットレビュー

という事で、ガンプラキットレビュー「旧キット 1/144 ガンダムローズ」はいかがでしたか?

改めてもう一度、評価を記載しておきます。

初心者向け:5.0 (パーツの細かさなど作りやすいかどうか)
アクション:2.0(アクションポーズのとりやすさ)
素組み再現度:2.0(塗装をしなくても色分けの再現が出来てるかどうか)
オプション2.0(ハンドパーツ、武器パーツなどの豊富さ)

【初心者向け】は、1/144旧キットということもありパーツ数が少なく組みやすいので“5”
【アクション】は、想定するポージングがほぼほぼ再現不可能なので“2”
【素組み再現度】は、細かい色分けが全くされず、シールも無いなど、再現するには塗装前提の為“2”
【オプション】は、武器はついているけど、ローゼスビット関連がまったく付属しないので“2”
となりました。

今回の1/144 ガンダムローズは、しっかりと塗装もすればそれなりに見映えの良いキットになると思うけど、素組みやポージングを決めてカッコ良くするには向いていないキットという印象でした。

ただ、ガンダムローズはこのキット以外はキット化されていないので、シャッフル同盟を勢ぞろいさせたい方やファンの方はこのキットを頼るしかないんですよね。(ガレージキットなどはもしかするとあるかも知れませんが)

Wガンダムのガンダム5機もHG化コンプリートされたので、出来ればバンダイさんにはGガンダムの5機もHG化コンプリートして欲しいところですね。

(2011年11月22日追記)
と言ってたらプレバンで発表されました(笑)これは5機勢ぞろいも期待できますね!

iconicon

ということで、1/144 ガンダムローズのレビューは終了となります。

次回は続けて1/144 旧キットのボルトガンダムのレビューです。

それでは~

↓メーカー希望小売価格は¥550(税込)です。購入時の参考にしてください。下記から商品を探せます。

駿河屋プラモデル

最後まで読んでいただきありがとうございます^^

他にもいろんな記事があるので、ぜひ参考になりそうな記事があればご覧ください。

良ければ、感想や質問などあればコメントでいただけると嬉しいです^^

AkidouGreadModelingは「にほんブログ村」に登録しています。
最後まで読んでいただきありがとうございます^^
AkidouGreadModelingを応援してくださる方はバナーをクリックしていただけるとランキングが上がりますのでお手数ですがご協力お願いします(^-^)

AkidouGreadModeling - にほんブログ村
にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村
ガンプラキットレビュー機動武闘伝Gガンダム
スポンサーリンク
プレミアムバンダイ最新キャラクターキット情報 ※更新のタイミングにより在庫状況が変わる場合がございます。
iconiconiconicon
iconiconiconicon
iconiconiconicon
iconiconiconicon
iconiconiconicon
投げ銭による応援よろしくお願いします^^

投げ銭で「AkidouGreadModeling」を応援する

いつもAkidouGreadModelingを閲覧いただき、誠にありがとうございます。
おかげさまで、当ブログ開設(2020年4月頃)から累計10万PVを突破しました。
ここまで続けられたのも、閲覧していただいている皆様のおかげです。ありがとうございます。
今後も様々な「旧キット」や「プラモデル」を、レビューや完成品として掲載していけるよう頑張ります。

もし、応援していただける方がいらっしゃれば、Amazonギフト券による「投げ銭」をお願いしておりますm(_ _)m
15円から設定いただけるので、「まぁこれでコーヒーでも飲んでよ」という感じで頂けるとすごく嬉しいです。
頂いた投げ銭は、旧キットの購入費用、気になる工具のレビュー用購入費など、ブログ運営の為に使わせていただきます。
※送り主欄はニックネームや匿名希望としてください。ブログ内で公開させていただきます^^

手順は下記を参考にしてください。
「投げ銭とか怪しい・・・」という方も、ここまで読んでいただけているだけで嬉しいです^^
他の記事を見ていただいたり、ブックマーク登録をしてまた遊びに来てくれることもまた「応援」だと思います。
良ければ「応援」していただけると嬉しいです!

Amazonギフト券の投げ銭でAkidouGreadModelingを応援する

手順1.下記「AkidouGreadModelingを応援する」のボタンをクリックし、Amazonページを開く。
手順2.(※デザインタイプは任意のものでOK)金額入力BOXに投げ銭したい金額を入力する。
手順3.受取人の入力欄に「akidou.gread.modeling%gmail.com」(スパム対策です。お手数ですがコピペした後、%を@に変更してください)と入力する。
手順4.送り主の入力欄にニックネーム(匿名希望も可)を入力する。
手順5.メッセージがあればメッセージ入力欄に入力する。
手順6.いつものAmazon購入と同じように「カートに入れる」or「今すぐ購入」から決済する。

以上となります。
投げ銭をいただいた皆様のニックネームやメッセージは別途用意するページにて公開予定です。
よろしくお願い致しますm(_ _)m

AkidouGreadModelingを応援する

シェアしていただけると嬉しいです!
Akidouをフォローする
AkidouGreadModeling

コメント