2024/2/06 ゼノギアス ギャラリー追加

ガンダム名鑑ガムキット 進捗状況2【製作代行】

スポンサーリンク

【広告】プレミアムバンダイ最新情報

iconicon iconicon
iconicon iconicon
iconicon iconicon
iconicon iconicon
スポンサーリンク
プレミアムバンダイ
記事内に広告が含まれています。

まいどおおきに!Akidou(@Akidou123)です。

こちらの記事では代行で製作している内容を書いています。

ということで、前回から少しずつ進めていて、ガンダムとジムのだいたいの作業は完了しました。

内側にある肉抜き部分はパテで作りなおし、全体のパーツ境界線を彫り直し、合わせ目を消してから全体的にエッジ出しをする為に粗目のペーパーでヤスリ掛けした段階です。

キズだらけですが、今はこれでOK。

そして同じくジムも肉抜き、彫り直し、エッジ出しまで進めました。

ただ、ジムの場合、足パーツがボディと分離するので、ボディの合わせ目消しはまだやりません。

どちらも先に全体をサフ吹きして、各部チェックしながら表面処理をしていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【広告】プレミアムバンダイ直近販売ガンプラ商品

iconicon iconicon
iconicon iconicon
iconicon iconicon
iconicon iconicon

今回の壁の1つ「ZZガンダム」

で、これですよ。

後ろが全部肉抜きということで、肉抜き等の処理は依頼としても受けてましたが、ここまで酷いとお断りしようかと考えましたが、せっかく並べるなら後ろ姿がちゃんとしている方が喜んでいただけると思い、パテで作ることにしました。

ただ、あくまで「ぽく見える」ぐらいが限界のスケールなので、モールド等の再現は必要最小限とします。

その前に、まずこのサイドアーマーと太ももを繋いでいる部分は本来無い部分の為、切削します。

そして、エポパテで後ろを作っていくのですが、こういう場合、まず奥のパーツから作る方が良いです。今回の場合は、膝の関節裏と足かかと部分ですね。これらは奥まったところに位置するパーツなので、先に作ってしまいましょう。

まずはだいたいの形になるように盛り付けます。

腰サイドアーマーの切削もついでに映っていますね。

腰の裏側はパテが余ったので先に盛り付けています。ここもだいたいの形出しでOKです。

カカトと膝関節裏をこのように整形したら、次は太ももとふくらはぎ裏側にパテを盛りつけます。

が、このままだと、今作ったカカトなどにパテが貼り付いてしまうので、ワセリンなどで剥離できるよう処理しておきましょう。

剥離した部分は、硬化後もペリッとめくれてくれるので、せっかく作った形を崩さなくてすみます。

ある程度形は出来たので、また細かい部分を調整していきます。

製作代行 ガンダム名鑑ガム ZZガンダム

そして、ずっと違和感があったバックパック。

なぜ違和感があったかと言うと、ボディからの距離が後ろ側に長く、ちょっと離れすぎているんですね。(写真撮るの忘れました)

なので、覗き込むとボディとの接続用のピンが丸見えでカッコ悪いので、短く詰めることにします。

これぐらいまで詰めれば、違和感なく感じますし、ボディ裏側などのパテ造形部分もガッツリ見えるわけでは無くなるので、チラ見する部分がちゃんと出来ているだけでカッコ良く見えますね。

腕が付いた状態で斜めから見ても、ボディとバックパックの詰まり具合が丁度良くなりました。

他にもZZは設定画とにらめっこすればするほど、色々気になる部分が見えてくるので、どこまで作り込むかを決めるのが大変そうです。(スケール的に不可能なことに手をつけるのだけはNGですからね)

ということで、引き続き作業していきます。

AkidouGreadModelingでは、今回のような食玩でも場合によっては依頼を受けることがございます。モノによってはお断りする場合もありますが、まずはお気軽にメール、またはSNSのDMでご相談ください。

それではまた!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【広告】プレミアムバンダイ直近販売キャラクター商品

iconicon iconicon
iconicon iconicon
iconicon iconicon
iconicon iconicon
製作代行
スポンサーリンク
スポンサーリンク
駿河屋 新品特価プラモデル特集
AkidouGreadModeling

コメント

タイトルとURLをコピーしました