AkidouGreadModeling

当ブログにお越しいただきありがとうございます!
こちらで掲載している完成品や検証記事などを配信しています(^-^)
チャンネル登録よろしくお願いします(^o^)/

YouTubeチャンネルはこちら
SDガンダム EX-STANDARD νガンダムSDガンダム EX-STANDARD サザビー機動戦士ガンダム 逆襲のシャア

【ガンプラ】100均アイテムでジオラマを制作【νガンダム サザビー】

νガンダム vs サザビー ジオラマ 完成品 7
この記事は約5分で読めます。
iconiconiconicon
iconiconiconicon
iconiconiconicon
iconiconiconicon

まいどおおきに!Akidou(@Akidou123)です。

前回制作した「SDEX νガンダム」と「SDEX サザビー」のアクシズでの戦いを再現する為に、100均で買ってきたアイテムを使ってジオラマ制作をしてみました!
すでに動画でアップロードはしていますが、ここでは詳細を文章で解説していきますので、よろしくお願いします。

 

まずは完成の写真をどうぞ

 

νガンダム vs サザビー ジオラマ 完成品 1νガンダム vs サザビー ジオラマ 完成品 2νガンダム vs サザビー ジオラマ 完成品 3νガンダム vs サザビー ジオラマ 完成品 4

いかがでしょうか?結構カッコ良く出来たんじゃない?

100均で買ってきたアイテムは、B5のポスターフレーム(これだけ200円)、コルク粘土(ブラック)です。

コルク粘土ってご存じですか?僕は100均で見つけるまで知りませんでしたが・・・コルクっぽい仕上がりになる粘土だそうで、ちょっとしたアクセサリーやインテリアを作る時に使ってくれ(と書いてました)的なアイテム。

逆シャアのアクシズでの戦闘シーンをググって色々見てたのですが、ごつごつした岩って感じで、土ではなかったんですよ。で、それっぽく見える質感の粘土とか無いかなぁ?って探しに行ったら見つけました。

今回使った100均のアイテムこれが「コルク粘土」。ブラックとブラウン?か何か色違いもありました。クッキーみたいな仕上がりですね

SDのジオラマだし、背景がリアル過ぎるのも少し違うかなぁと思って、今回は「っぽい」感じに仕上がるようなものをチョイスしました。

制作工程は動画をご覧いただければ幸いです。(良ければチャンネル登録もお願いします!←どさくさに紛れて)

 

制作ポイント

せっかくなので、今回作った時に感じたことや、「自分も作ってみたい!」という方の為になるようなまとめを書いていきたいと思います。

 

キットをどう設置するかを最初に考えた方がいい

今回、ポスターフレームを使ったので、土台の盤面はポスターフレームの裏板になります。商品によって板の材質が色々と違います(プラスチックだったり木材だったり)。

板の場合、フレームとの接着が必要ですが、同じ材質であれば接着剤も難しくありません。例えば、木のフレームに木材の土台なら木工用ボンドで大丈夫でしょう。

しかし、そうなるとキットを支える支柱が金属の場合、別途、架け橋となる接着剤が必要です。

今回僕が使った「シアノン」という瞬間接着剤ですが、あまりしっかりとくっついてくれる気がしておらず、耐久性に欠けるんじゃないかなぁと不安です。(今はちゃんとついていますが、長い目で見るとという意味)

もしこれからジオラマを初めて作ってみようと思う方は、キットをどう設置するのか?という方法を考えてみるとトラブルが一つ減るかも知れません。

直接足で大地に立つのか?支柱をさして浮かせるのか?何を使って地面とキットをしっかりと固定するのか?どうやって固定するのか?

その辺りを最初に解決しておくと、作ってる最中に「えーーー、これどうしよう・・・」と不安にならずに済みそうですね。

コルク粘土の塗装下地は木工用ボンド?

動画内でも説明していますが、塗装前の下地はサーフェイサーではなく、木工用ボンドを水溶きしたものを使っています。

一応、コルク粘土の成分には「コルク粉末・微小中空球樹脂・合成接着剤・防腐剤・水・顔料」と記載されており、何らかの樹脂成分が含まれているようです。(内容はあまり詳しくわかりません・・・)

ただ、コルクとなると、「水を吸収しちゃうんじゃない?」と考えていたので、余ったコルク粘土を丸めて、そのまま塗装した場合と水溶き木工用ボンドを塗ってから塗装した場合を調べてみました。

塗装テストしたものチュッパチャプスじゃないよ。左側がそのまま塗装、右側がボンド塗ってからの塗装

写真で見ると明らかに違うのですが、左側が「そのまま塗装」右側が「ボンド塗りの塗装」です。どちらも「水性ホビーカラー」を筆塗りで一度だけ塗ったもの。

そのまま塗装した場合でも塗料は十分に乗ってくれてますが、なんかテカテカピカピカ・・・(現物はもっとピカピカです)まぁこれはこれで悪くはないのですが、イメージするアクシズの地表はテカテカピカピカしていない為、右側の「ボンド下地塗装」を採用しました。

ボンド下地の場合、つや消しっぽい仕上がりになるのと、表面がボンドで覆われるのでちょっと強くなるんじゃない?と考えています。

まぁ最終的につや消しクリアー(水性)吹いているんですけどね(笑)

 

とにかく作ってみよう!

νガンダム vs サザビー ジオラマ 乾燥待ち塗装後トップコート吹いて乾燥待ち。色を重ねるとそれっぽく見えてくる不思議

もし、「簡単なジオラマを作ってみたいけど、作れるかどうか自信がない・・・」という方が、この記事を読んでくれているなら、まずは「とにかく作ってみよう!」とオススメします。

僕もプラモデルを使ったジオラマは初めて作りますが、プラモデルの技術やテクニックはある程度使えるものも多いですが、基本的にフリースタイル(的な)の表現方法が強いです。

ガンプラの「二度切り」や「ゲート処理」のような固定的な概念は知らずとも、思いのままに作ってみると思いのほか上手くいくのもジオラマの面白いところだと思います。

僕も今回作ってみて反省点は多いものの、イメージに近い完成となりました。めっちゃ嬉しいし、カッコいいですよ?

ですので、ジオラマに挑戦してみたいとお考えの方も、ぜひチャレンジしてみてください!(100均って結構使えるものいっぱい売ってるので面白いですよ~)

完成

ということで、改めて完成写真をご覧ください。

 

νガンダム vs サザビー ジオラマ 完成品 11 νガンダム vs サザビー ジオラマ 完成品 12 νガンダム vs サザビー ジオラマ 完成品 13 νガンダム vs サザビー ジオラマ 完成品 10 νガンダム vs サザビー ジオラマ 完成品 14 νガンダム vs サザビー ジオラマ 完成品 15 νガンダム vs サザビー ジオラマ 完成品 9 νガンダム vs サザビー ジオラマ 完成品 8 νガンダム vs サザビー ジオラマ 完成品 5 νガンダム vs サザビー ジオラマ 完成品 7 νガンダム vs サザビー ジオラマ 完成品 17 νガンダム vs サザビー ジオラマ 完成品 16 νガンダム vs サザビー ジオラマ 完成品 16

カッコ良くない!?マジで。ビームサーベルの戦いとか、めっちゃサマになってるんですけど~?

 

って自分で感動するから、みんなも作ってみよう?(笑)

また作りたいなぁ~ジオラマ。

それではまた~

コメント

タイトルとURLをコピーしました