HGUC ギャン

いい感じのギャンになりました~ 1/144 HGUC ギャン 制作記(7)

あると便利なウェザリングマスター

前回で完成しても良かったのですが、もうちょっと手を入れたいと思ったので今回は「錆」とかも入れてみようと。

(写真撮るの忘れたのですが・・・)タミヤ エナメルのブラウンで雨垂れによる錆を入れて、下の写真のタミヤ「ウェザリングマスター」でエッジなどを仕上げます。

あると便利なウェザリングマスター

このCセット、「アカサビ」と「ガンメタル」と「シルバー」がセットになっている商品で、付属のウェザリング用の筆を使って、パフパフとこすりつけるだけでいい感じに仕上がってくれるアイテム。初心者には敷居が高いイメージの汚し表現を簡単に出来るのでオススメです。

そして、ついに完成しました!

 

完成したHGUCギャン

全体的にトーンも落ち着いて、プラスチック感は無くなりました。足や胸の青いパーツの部分はエッジにウェザリングマスターの「シルバー」をつけて強調。腕のところに錆びがありますね。線のような錆はエナメル塗料で、周囲のぼやっとしてる辺りはウェザリングマスターの「アカサビ」です。

後ろ姿もウキウキしますね

バックパックは熱や排気などで錆も増えそうな印象だったので少し強めに塗っています。こうやって写真で見るとあまりパッとしませんね。

どの角度からも見たくなりますシールドはほとんど何もしていません

作ってみて改めて思いましたが、やっぱりシールを貼った状態でウェザリングは無理ですねw
初めてちゃんとシールを使ってみましたが(ギャンは腹部分と目がシール)、シールの上からウェザリングしたらどうなるのかな?と思ってやってみました。こういう「気になること」は実際にやってみるのが一番ですね。次回からは「やりません」w

この角度、好きです

さて、今回で「1/144 HGUC ギャン」の制作は終了です。AkidouGreadModeling初の制作はこんな感じですがいかがでしょうか。完成記事は少し違う形で残していきたいと思っているので、またアップします。

次回は「箱」です。ガンプラだけに関わらずプラモデルの「箱」って捨てられない!というモデラーは多いと思います。僕もそうでした。しかし、「ノモ研」でおなじみの「野本憲一」さん著書「NOMOKEN3」の中で、ガンプラの箱をコンパクトにして捨てずに、かつ、収納として使える技が紹介されていました。それ以来、僕は完成したガンプラはその方法で保管しています。

という事で、次回はAkidou流のガンプラ箱のコンパクト化を紹介したいと思います。あまり変わらないですけどね。

コメント