1/144 ギャバン専用ボルジャーノン

少しずつ進んでいます! HGUC 1/144 ザクI改造 ギャバン専用ボルジャーノン 制作記(2)

腕は結構印象変わると思います

プライベートが忙しくてなかなかまとまった時間が取れないここ数日でしたが、ようやく記事1つ分ぐらいの進行があったので、制作記(2)とします。

ぼんやりとボルジャーノンっぽいパーツが増えてくるので、完成が楽しみです。

 

スポンサーリンク

胴体の製作

だいたい出来たボディ

さて、胴体の製作ですが、前回の記事では胸部の周辺をプラ板で厚みを出しました。今回は腰回りパーツをエポパテで作っています。ここが資料のバランスと少し合わないところで、完成の時に一回り小さく見えそうな気がして心配です。

でも、今の自分の力量ではこれが限界なので、とりあえずこのまま進めていきます。「失敗?どんとこい!」です(笑)

腰のふんどし周りは現在エポパテなどで整形中ですので、次回辺りに紹介します。

 

腕の製作

腕は結構印象変わると思います

腕ですが、前回の記事のポイントでも触れているように、ザクとは形状が若干違います。前腕は円筒を連ねたような形状、肩から二の腕辺りは一回り大きい肉付きをしています。

肩周りは0.5mmのプラ板を全体に貼り付けています。一部貼り付けていない面もあり、バランスを見ながら必要であれば足していこうと思います。

前腕は、円筒部分はエポパテで形出ししました。パーツ側には剥離の為にワセリンを塗って、取り外せるようにしました。

あと、円筒の後ろの部分(写真の赤い枠の部分)は、通常のザクは真っすぐ手首まで伸びていますが、ボルジャーノンは若干カーブ気味に伸びているので、一度パーツをカットしてエポパテで形状出しします。

細かい表面処理などは後ほどまとめて行うので、とりあえず粗いですが・・・

 

バックパックの製作

バックパックも実はちょっと違うんですよね

バックパックもザクとは少し形状が異なります。実は気持ちコンパクトというか・・・小さい印象があるので、バックパックの左右を八の字になるような感じに削りました。(写真左上に上から見た図を描きました。余計分かりにくい・・・?w)

あと少しだけ縦に長いので、2mm程延長しました。バーニアそのものは中に埋まっているように見えるので、全体の形状が出せたらバーニア部分も手を入れようと思います。

あと、写真に書く文字ですが、白で下地処理してから字を書いたほうが読みやすそうなので、次回はちょっと試しにやってみようと思いました。

制作記(3)に進みます

頭部や足などは形になったのでサフを吹いて現在表面を整えているところです。今回は出来た部分から先に塗装してしまおうかなぁと思っているので、次回辺りには完成した頭部を公開できると思います。

現在、動画を作りながら記事用の写真も撮影して・・・と進めているのですが、実際やってみて思ったのは、動画そのものは完成してから1本にしたほうが作業効率はいいような気がしてきました。

ギャバン専用ボルジャーノン、少しずつ進んでいるので気になっていただいた方は次回制作記もまた覗きに来てください!

コメント