2024/2/06 ゼノギアス ギャラリー追加

スクウェア・エニックス ストラクチャーアーツ 1/144 ゼノギアス 制作記③

スポンサーリンク

【広告】プレミアムバンダイ最新情報

iconicon iconicon
iconicon iconicon
iconicon iconicon
iconicon iconicon
スポンサーリンク
プレミアムバンダイ
記事内に広告が含まれています。

さて、進めております「ゼノギアス」。

前回は仮組が終わり全体像を見ましたが、今回からは製作段階に入ります。

駿河屋プラモデル
↑キットの画像をタップして「駿河屋」で在庫をチェックしてみよう!

駿河屋あんしん&らくらく買取

突然缶サーフェイサーの写真で何なんだ?という話ですが(笑)

以前のランナー紹介の時にチラッと触れた「POM」素材のパーツへの塗装についてです。

色々調べてみましたが、プロモデラーのNAOKI氏や林哲平氏が紹介されていた方法を試してみました。
それに使用するのが上の写真の「タミヤ スーパーサーフェイサー」です。

こちらを吹きつけて、オーブンやドライヤーなどで加熱をして定着させるという方法。

  • POM素材 焼き付け 定着 塗装
  • POM素材 焼き付け 定着 塗装

テスト用にランナーで試してみました。(↑左右にスライドします)

1枚目がドライヤーで加熱したもの、2枚目が吹いてそのままのものです。

出来るだけ同じ力で爪を使って引っ掻いてみたのですが、2枚目は右側の方にも塗装剥がれが見えます。
タグ下辺りの引っ掻きは少し強めにしたものです。
やはり強く引っ掻くとどちらも剥がれてしまいますが、軽く引っ掻く程度だと加熱した方が確かに剥がれにくい印象です。

今回は膝の関節と腕の関節がどうしても目立つ部分なので、その2箇所にのみ塗装を行うつもりです。
他の関節部はボールジョイントなど、塗装が剥がれにくい箇所な上に可動にも影響が出やすい箇所なので、なるべく塗装はしないようにします。

塗装に関してはまた次回。

スクウェア・エニックス ゼノギアス プラモデル

さて、キットの出来自体は予想以上に良かった印象ですが、問題はパーツにありました。

小さなパーツはあまり目立ちませんが、大きく広い面が多いこのキット。
やはり表面の謎の波打ちが気になります。

写真でわかるかな?
左側の側面が変な影になっているかと思います。
もしかすると、設定ではそういう装甲になっているのかとも考えられますが、今回はパール塗装で仕上げてほしいと依頼があったので、やはり出来るだけ面は綺麗にしたいところ。

ということで、現在、気になる波打ち面を出来るだけ整えている段階です。

製作代行 1/144 ゼノギアス スクウェア・エニックス プラモデル 素組み

基本的にキットの分割はパーツ単位で分けることが出来るので、塗装はそれほど大変ではなさそうですが、上の写真のパーツ(というか脚ですね)は、どうやっても後ハメ加工が難しいので、内側になる部位から順番に「塗装⇒マスキング」としていく必要があります。

先程の波打ちの件もあるので、分かれている段階で表面の整えだけは先にしておいた方が良いかも知れません。

製作代行 1/144 ゼノギアス スクウェア・エニックス プラモデル 素組み

肩のパーツに写真のような構造のものがあります。
本来は右側のパーツを先に合わせて、その後左側のパーツに挟み込んで作るものです。
その際、左側内部にあるピンが右側のパーツの穴に入るように出来ているのですが、ここは後から何とかなりそうなので、別に作って合わせ目消しをしています。

ピンを切り飛ばしたとしても内側で接着してしまった後、排気ダクトのようなパーツを差し込むように出来ていて、どちらのパーツも固定できそうなので、たぶん問題ありません。

調色も先程テストしてみたところ、だいたい色味の方向性も決まってきたので、次回はその辺りも含めて記事にしたいと思います。

ということで、今回のようにガンプラ以外のキットでも製作代行受け付けております。
「買ったけど作る時間がない」とか「作ったけどキレイに仕上げる自信がない」という方はぜひお気軽にご相談ください。

それではまた!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【広告】プレミアムバンダイ直近販売キャラクター商品

iconicon iconicon
iconicon iconicon
iconicon iconicon
iconicon iconicon
製作代行
スポンサーリンク
スポンサーリンク
駿河屋 新品特価プラモデル特集
AkidouGreadModeling

コメント

タイトルとURLをコピーしました