AkidouGreadModeling

当ブログにお越しいただきありがとうございます!
こちらで掲載している完成品や検証記事などを配信しています(^-^)
チャンネル登録よろしくお願いします(^o^)/

YouTubeチャンネルはこちら
初心者向けメニュー

【初心者向け】ガンプラでヤスリがけってどこまですればいいの?

この記事は約6分で読めます。
iconiconiconicon
iconiconiconicon
iconiconiconicon
iconiconiconicon

何か能力を一つ身につけることが出来るなら、「カッ!」と目を見開いたら表面処理が一瞬で終わる能力が欲しいAkidou(@Akidou123)です。


それぐらい、ガンプラの表面処理って大変なんですよね。

皆さんはどこまでやっていますか?

 

僕は、だいたい800番ぐらいまでヤスリ掛けしてから、1000番のサーフェイサー(最近は1200番で仕上げる時も)で仕上げています。

 

特に最近始めた初心者の方にとって、表面処理って「え!全部のパーツにそんなに時間かけるの!?」って印象だと思うんですよね。

RG(リアルグレード)なんて、あんな小さなパーツいっぱいで、考えただけでもう・・・。

 

 

と、いうことで、

「ヤスリ掛けした後の表面をサーフェイサーで吹いた時、どれぐらい表面がキレイなのか?」

という部分にフォーカスを当てて、こんな検証をしてみました。

 

動画の方がキズの付き方が良く分かると思いますが、ここでは補足として、記事にしてみたいと思います。

 

結論としては・・・

800番以上のヤスリで仕上げて、1000番(または1200番)のサーフェイサーを使えば気にならないぐらいキレイ

おそらく、この結論が一番最低限のラインでしょう。

もちろん、個人個人で許容範囲も違うし、感じ方も違うので一概にこの結論が正しいとは言えません。

 

その辺りは、下記の検証結果(上記の動画の内容をかいつまんだ記事)をご覧いただき、

「自分だったらこのキズ程度なら気にならないかも?」

という最低限のラインを調べてみましょう。

 

溶きパテじゃないとダメ!?

動画では、「溶きパテ」使ってるけど、溶きパテじゃないとダメなの?

そんなことはありません。

缶で売っているサーフェイサーにも同じことが言えます。

 

缶の場合、500番、1000番、1200番、1500番がタミヤから発売されてますね。

これらでも表面処理との関係は同じです。

Amazon | GSIクレオス Mr.サーフェイサー 1200 徳用 スプレー 170ml ホビー用仕上材 B515 | カラー塗料 通販
GSIクレオス Mr.サーフェイサー 1200 徳用 スプレー 170ml ホビー用仕上材 B515の通販ならアマゾン。ホビー, ホビー用工具・塗装・材料, ホビー用塗料・溶剤, カラー塗料の人気ランキング、レビューも充実。最短当日配送!

 

 

もちろん、無塗装派の方には必要ありませんし、塗装派でもサーフェイサーしない派(モデラーには色んな派があるんですよね)の方にも必要はありません。

 

逆に、下地を処理する人ほど、この「表面処理」と「サーフェイサー」の関係性は重要です。

意外と気にせずに作業を進めている人もいるかと思います。(僕も以前はそうでした)

「模型作りはコツコツと」っていうのは、こういうところからでしょうね(笑)

 

結局使うサフは1000番?1200番?

動画の結果からも分かりますが、結局どのサーフェイサーを使えばいいのか?と気になるところです。

僕自身としては「目的」によって変わるのかな?と感じています。

 

1500番サーフェイサーキズ比較検証

1500番のサフでキズ検証。左からヤスリの番手が320,400,600,800,1000と仕上げた。800番以上が仕上がりとしてはキレイです

例えば、「500番」は仕上がりが粗すぎて、ガンプラの「仕上げ」としては不向きです。

しかし、ポリパテで作った自作パーツの粗削り段階だと、ある程度の傷は消えてくれるので、結構使えます。

 

「1500番」は、粒子が細かいのでキズはほとんど埋めてくれませんが、鏡面仕上げなど表面処理をしっかりした場合、かなり綺麗な仕上がりになります。

でも、普通にガンプラを仕上げる場合、鏡面仕上げほど下地処理をしなくても、キレイに仕上げることは出来ます。

これらが理由で『「1000番」または「1200番」のサーフェイサーで仕上げればいい』というわけですね。

 

 

1200番サーフェイサーキズ比較検証

同じく1200番のサフ下地に黒で塗装したもの。600番(真ん中)の仕上げでも光に当たるとキズの線が見える

 

じゃあ「1000番」と「1200番」どっち使えばいいの?って話。

 

これも個人的には「好み」だと思います。

いずれにしても、表面処理は「800番」ぐらいまではしておくとして、仕上げに「1000番」を吹くのと「1200番」を吹くのでは、そう変化は感じられないと思います。

 

ただ、「400番」で表面処理を終えた場合、どちらのサーフェイサーを吹いてもキズは目立ちます。

(上の画像が「400番ヤスリがけ⇒1200番サフ」、下の画像が「400番ヤスリ掛け⇒1000番サフ」の写真です。どちらも左から2枠目のエリアが400番のヤスリ掛け箇所です)

 

まずは、ヤスリ掛けをどこまでするかが大事ということでしょうね。

 

1000番サーフェイサーキズ比較検証

こちらは1000番サフ下地に黒塗装。800番、1000番のヤスリ掛けだと仕上げとしては問題ない

 

つまり、これまでの画像の結果から、「800番以上の番手」でヤスリ掛けをしていれば、サーフェイサーの番手はそこまで気にしなくてもいいんじゃないかな?と感じます。

 

ただ、この上にかける「トップコート」でも見え方がまた変わってくるので、次回はこの「トップコート」でどれぐらいの傷が消えるのか検証してみる必要がありますね!

 

奥深いですよね、表面処理って・・・(笑)

 

まとめ

ガンプラの表面処理として、どのサーフェイサーを使うのがいいか?ということで言えば、

 

800番以上のヤスリで仕上げて、1000番(または1200番)のサーフェイサーを使えば気にならないぐらいキレイ

 

といった感じでしょうか。

もちろん、「個人的に」です。

 

最終的には自身で「これ!」といえる仕上がりが大切なので、そういう時は安価の同じキット(例えばHGジムとか)を2つ買って、一方を「600番ヤスリに1000番サーフェイサー」、もう一方を「800番ヤスリに1200番サーフェイサー」のように仕上げて、同じ色を塗って比較してみることが一番良い方法だと思います。

(2つのキットじゃなくても、右足左足で変化をつけてもいいですね)

 

僕が今回こういう検証をしたのも、「ハウツー本で読んだこと」や「人から聞いた話」だけで「これがいいらしい」としていた事を「らしい」で終わらせたくなかったからです。

実際自分でやって、見て、分かることがあるので、ご興味ある方は、ぜひ同じような検証をやってみてください。

 

ということで、今回はここまでです。

先程書いた通り、トップコートをかけた時も傷の見え方は変わると思うので、その辺りの検証も後日追加したいと思います~

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました