AkidouGreadModeling

当ブログにお越しいただきありがとうございます!
こちらで掲載している完成品や検証記事などを配信しています(^-^)
チャンネル登録よろしくお願いします(^o^)/

YouTubeチャンネルはこちら
HG 1/72 メイレスビャクチタイトル別境界戦機

【境界戦機】HG 1/72 メイレスビャクチ 制作記5 ~トップコートとスミ入れとデカール貼り~

iconiconiconicon
iconiconiconicon
iconiconiconicon
iconiconiconicon

まいどおおきに!Akidou(@Akidou123)です!

前回は調色と基本塗装まで進めた「HG 1/72 メイレスビャクチ」

今回は「トップコート」と「スミ入れ」と「デカール貼り」です。

 

この制作記の内容の目的は、制作記1回目に記載してあります。まだご覧になられていない方は一度ご覧ください。

【境界戦機】HG 1/72 メイレスビャクチ 制作記1 ~整面処理と合わせ目消し~
この記事は「境界戦機プラモデル HG 1/72 メイレスビャクチ」のキット制作記です。 第1回目は合わせ目消しと整面処理からです。 僕のいつもの作り方をベースに、初心者の方の上達の参考に出来るような内容で書いていこうと思います。

 

つや有りトップコートでコートする

必要な工具など
・つや有りクリアー(缶でも瓶でもOK)

スミ入れやデカール貼りをする前に、やっていることがあります。

それが「つや有りトップコート」で全体をコーティングするということです。

え?どうせつや消しで仕上げるのにわざわざつや有りトップコートするの??

これにはちゃんとした理由があります。

 

  1. スミ入れの拭き取りで塗料が剥がれないようにする為
  2. スミ入れ塗料の流れ込みを良くする為
  3. 塗装面の保護です。

 

 

境界戦機 HG メイレスビャクチ 制作記 基本塗装が完了しました

1つめの「スミ入れの拭き取りで塗料が剥がれないようにする為」ですが、エナメル溶剤を綿棒につけて塗装面をこすると、塗装が剥げることがあります。

特にエッジなどの塗料は剝がれやすく、気を付けて拭き取れば問題ないのかも知れませんが、リカバリーの事を考えると最初に対策しておいた方がいいということで、トップコートを噴いています。

 

2つめに「スミ入れの塗料の流れ込みを良くする為」ですが、これも体感レベルですが、トップコートを噴いた方がスミ入れ塗料の流れがスムーズにいっている気がします。

また、拭き取りの際によくある黒ずみ(スミ入れ塗料が塗膜に滲んでしまう現象)も、トップコートの上だとそこまで酷く起こらないような気がします。

 

3つめに「塗装面の保護」ですが、これが一番利点かも知れません。

意外に塗装だけの状態だと、少し角に当たったりしただけで塗装面が剥げてしまいます。

トップコートを噴いていると、クリアーの表面が若干は守ってくれる(気がしません?)ので、気持ち安心して作業が出来ます。

 

少し面倒かも知れませんが、塗装後のツヤ有りトップコートを噴く作業は後の面倒な作業をカバーしてくれるので、オススメです。

もちろん、最後につや消しトップコートを噴けばちゃんとつや消しになるので、ご心配なく^^

 

だったら最初からつや消しじゃダメなの?

これはダメなんです・・・><

実は、つや消しの表面は細かいざらついた粒子が表面を覆っています。

スミ入れをする際に、このざらつきが悪く働いて、本来流れてほしいモールド以外の部分に滲み広がってしまいます。

スミ入れの原理に「毛細管現象」という隙間に流れていく現象があるのですが、表面がざらついていると目に見えない粒子同士の隙間にも広がってしまう為、結果滲んでしまうという仕組みだそうです。

なので、仕上げの時以外はつや消しトップコートは噴かない方がいいという訳ですね^^

 

全体にスミ入れをする

必要な工具など
・スミ入れ塗料(瓶タイプの場合)
・エナメル塗料とエナメル溶剤(塗料を使う場合)
・面相筆など先の細い筆(塗料を使う場合)
・拭き取り用の綿棒

境界戦機 HG メイレスビャクチ 制作記 今回スミ入れに使ったタミヤのスミ入れ塗料ブラックとグレー

いつもはエナメル塗料をエナメル溶剤で薄めてスミ入れをしているのですが、今回「スミ入れ用瓶塗料」を買っていたので、使ってみることにしました。

 

基本的に「黒」の塗料はスミ入れに使わないようにしているのですが、今回はモールドの強弱をつける意味で、グレーの箇所と黒の箇所を分けてみました。

スミ入れの際は、筆(瓶の場合蓋の内側についています)に塗料を含ませて流し込みたいモールドのどこかで「チョン」と筆を置くと、先述した「毛細管現象」が働いて勝手に流れていってくれます。

この流れ込みを良くする為に行ったのが、第2回目の記事で行った「モールドの彫り直し」です。

 

スムーズに流れてくれると「チョン」の数が減るので、スミ入れの拭き取りが少ない回数で済みます。

そうなると、作業が捗りますし、なにより拭き取りの際の汚れが広がりにくくなります。

 

拭き取りの際は100均の綿棒などでいいですが、個人的に使いやすいのが100均のベビー用綿棒です^^

先端が小さくコンパクトなので使いやすいですね。

ただ、小さい分汚れるのも早く、すぐ取り換える必要があるので本数は消費してしまいますが、こういう時は惜しみなく使うようにしています(笑)

 

境界戦機 HG メイレスビャクチ 制作記 100均のオイルライター専用オイルはスミ入れの拭き取りに最適

綿棒には溶剤をつけて拭き取るのですが、本来は「エナメルシンナー」を使います。

でもエナメルシンナーは、プラやABSなどを侵食しやすく、ダボピンなどに流れ込んでしまうと割れてしまう可能性が高いです。

 

そこで愛用しているのが100均の「オイルライター専用オイル」(黄色い本体が目印です)^^

ニオイがちょっと灯油みたいにキツイので、換気は十分に行う必要がありますが、侵食はかなり防ぐことが出来ます。

それでも多量につけるのは良くないので、綿棒にしみこませた後はティッシュなんかでサッと余分な溶剤を取ってから拭き取るようにしています。

綿棒をこすって拭き取るよりも、くるっと動かして拭き取る方が綺麗に拭き取れる気がするので、あまり広がらないように注意しながら拭き取りましょう^^

 

デカールを貼ろう!

必要な工具など
・水転写デカール(ガンダムデカールや他社メーカーのデカール)
・水(またはぬるま湯)
・ピンセット
・カッター(またはデザインナイフ)
・マークセッターなどのデカール用接着剤(あると便利)
・綿棒

スミ入れまで終わったら、今度は「デカール」を貼っていきます。

基本的に使うのは「水転写デカール」で、キット付属のホイルシールなどは使いません

ただ、今回のビャクチみたいに「マーキングシール」がついていて、しかも独自のデザインのものは(仕方なく)使うようにしています(笑)

 

境界戦機 HG メイレスビャクチ 制作記 今回使った水転写デカールはこちらの2つ

まず今回使った「水転写デカール」ですが、MYK DESIGNから発売された「GMコーションデカール」のNo.8「アヴィエーションテイスト・ドイツ語表記#1ブルー」です。(シルバーも買いましたがちょっと合わなかった為見送りました^^;)

アヴィエーションとは「航空機」などの意味で、このデカールは実在の航空機や装甲戦闘車両などを参考にしたデザインだそうです。

 

ビャクチの設定として『大ユーラシア連邦が極秘裏に運搬していたもの』というのがあり、「それならドイツ語とかで書かれてても不思議じゃあるめぇ」と思い、こちらをチョイスしました。

機体色もブルーが基調になっている(実はホワイトもブルー寄りのホワイトに仕上げています)ので、白のパーツにはこの「ブルー」のデカールを使用しています。

 

一方で、青やグレーのパーツに使ったのは、HIQ PARTSの「RB コーションデカール 02 ワンカラーホワイト」です。

コチラはおそらく英語表記なんですが、小さくてあまり見えないのでドイツ語と併用しても問題ないかなぁと思い、使用しました^^

 

どちらも水で浸して、貼りたい箇所にマークをずらして貼り付けるのですが、MYK DESIGNのデカールは貼り付けた後「表面の透明部分を剥がせる」仕様になっている為、貼り付け後の仕上がりがめちゃくちゃキレイでした^^

これは他のシリーズも手に入れておこうと思ったので、今度見てみます(笑)

 

さて、キット付属のマーキングシールですが、水転写デカールと違って厚みがあり、トップコートを噴いて仕上げても段差が若干見えてしまいます。

こればかりはおそらくどうしようもないと思う(もしかしたらめちゃくちゃ時間かけてつや有りコートとヤスリ掛けで段差を無くせば可能かも知れません)ので、今回はなるべく段差が小さくなるように、マーキングギリギリのところでカットしています。

 

こういう時に役立つのが、「OLFAのアートナイフ」です。

先端の角度が鋭く、細かい部分も切れるので、「0」や「1」の周囲を切り取るのに役立ちました^^

 

デカールを全て貼り終えたら、最後に「つや消しトップコート」を全体に噴いて乾燥させたら完成です。

そこはまた次回の記事で^^;

今回はここまで

境界戦機 HG メイレスビャクチ 制作記 今回はデカール貼りまで!次回はついに完成です

ということで、今回はデカール貼りまでです!

あと少しなので最後までご覧いただけると幸いです^^

 

次回はついに仕上げのトップコートを噴いて完成となります。

ここまでくると完成までの気持ちが早まり思わぬ失敗をする可能性が微レ存です(笑)

(実は次回やらかしてしまいます・・・)

皆さんは一度落ち着いて、最後まで気を抜かずに完成させましょう^^

 

それではまた~

 

AkidouGreadModelingは「にほんブログ村」に登録しています。
最後まで読んでいただきありがとうございます^^
AkidouGreadModelingを応援してくださる方はバナーをクリックしていただけるとランキングが上がりますのでお手数ですがご協力お願いします(^-^)

AkidouGreadModeling - にほんブログ村
にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村
シェアしていただけると嬉しいです!
Akidouをフォローする
AkidouGreadModeling

コメント

タイトルとURLをコピーしました