AkidouGreadModeling

当ブログにお越しいただきありがとうございます!
こちらで掲載している完成品や検証記事などを配信しています(^-^)
チャンネル登録よろしくお願いします(^o^)/

YouTubeチャンネルはこちら
HG 1/72 メイレスビャクチタイトル別境界戦機

【境界戦機】HG 1/72 メイレスビャクチ 制作記6 ~つや消しトップコートで完成~

iconiconiconicon
iconiconiconicon
iconiconiconicon
iconiconiconicon

まいどおおきに!Akidou(@Akidou123)です!

前回はスミ入れとデカールを貼った「HG 1/72 メイレスビャクチ」

今回は最後の仕上げ「つや消しトップコート」をして完成です。

 

この制作記の内容の目的は、制作記1回目に記載してあります。まだご覧になられていない方は一度ご覧ください。

【境界戦機】HG 1/72 メイレスビャクチ 制作記1 ~整面処理と合わせ目消し~
この記事は「境界戦機プラモデル HG 1/72 メイレスビャクチ」のキット制作記です。 第1回目は合わせ目消しと整面処理からです。 僕のいつもの作り方をベースに、初心者の方の上達の参考に出来るような内容で書いていこうと思います。

つや消しトップコートでコーティング

必要な工具など
・つや消しトップコート(缶or瓶どちらでもOK)
・エアブラシ(瓶の場合)

最後の仕上げつや消しトップコートを全体に噴き付けます。

が!その前に最後の確認です!

  • スミ入れの拭き取り忘れはないか?
  • デカールの糊の残しはないか?
  • つやを消したくない部分はマスキング出来ているか?

これらの確認は必ずやりましょう。

 

スミ入れの拭き取りが出来ていない部分や、拭き取りの際に出た汚れがちゃんと落ちていない上からトップコートを噴くと、例えエナメルシンナーをつけて拭いても拭き取れません。

デカールの周辺などに糊汚れなどがあると、これも拭き取れなくなるので、水をつけた綿棒などで丁寧にこすり落とします。

また今回、ツインアイと胸部シリンダーは蛍光カラーで仕上げてあります。これらは乾燥すると通常「つや消し(半艶かな?)」のような質感になるので、光沢を出す為にクリアーを噴いています。

そこにつや消しトップコートがかかると、またつや消しになってしまうので、これらのパーツはマスキングをしました。

このように「つや消しにしたくない」部分は、ばらしてしまうか、マスキングをしてトップコートがかからないようにしておきます。

 

僕は、基本的にある程度バラして仕上げのトップコートを噴くのですが、人によっては組み立てた状態で噴く人もいるので、どうやって噴くかは人それぞれですが、組み立てた状態の場合は、可動部分など露出していない部分にも噴く必要があります。

あまり慣れていない方は、ある程度(腕、脚、腰などで)バラすなどして、噴き忘れのないようにするといいですね^^

境界戦機 HG メイレスビャクチ 制作記 使ったつや消しトップコートはフィニッシャーズのスーパーフラットコートです

ちなみに僕が今回使ったのは、フィニッシャーズの「スーパーフラットコート」です。

 

今までいくつか「つや消しクリアー」を試してきましたが、さすがの仕上がりで感動したので、今はこれを愛用しています。

ちょっとだけ高い気もしますが、上品なつや消しで仕上がるので、興味のある方はぜひ一度使ってみてください。

ということで、全体に噴き付けたら、必ず1日以上は乾燥させましょう。

トップコートで失敗した場合

さぁ、今回、わたくし、盛大にやらかしました(笑)

普段塗装する際、エアブラシの塗料カップの蓋は閉めないのですが、トップコートの時にも蓋をせずにしていたら、うっかり大きな動きをしてしまい、カップからクリアーが飛び出し、パーツにドバッとかかってしまいました・・・(´;ω;`)

境界戦機 HG メイレスビャクチ 制作記 仕上げのトップコートでミスってしまった

こうなると、そこから立ち直ることはほぼほぼ不可能に近いです(笑)

もし、皆さんも何かしら失敗(僕のようなミスでなくても、噴きすぎて垂れてしまっても)した時は慌てず、とりあえず乾燥させてしまいましょう。

その後、ヤスリ掛けや溶剤を含んだ綿棒で、失敗した部分を落とせるならそうした方がいいですが、どうしてもリカバリー不可能と判断した際は、諦めてもう一度塗装からやり直した方が良いと思います><

実際、僕も下地塗装からやり直しました・・・(マジツライ

 

やり直しをする時は、ラッカーシンナーを綿棒に含んでひたすらパーツをこすり、クリアー、塗装、下地全てを落としていきます。

もちろん、デカールもやり直しです。

エアブラシや筆の汚れを落とすパーツクリーナーでは絶対に落とさないでください。プラの表面が溶けて更に大変なことになります。(経験者談)

こんな時でも、調色した塗料が多めに作られていると、楽に塗装が出来るので安心です^^

って言うか、エアブラシの蓋はちゃんと閉めて作業するようにしましょう(笑)

 

あと、失敗を回避する為にもなるべく湿度の高い雨の日などは避けた方がいいです。

「かぶり」と言って、水分が含まれた状態のトップコートが乾燥することで、白く曇ってしまう現象が起こったりします。(必ずではないと思いますが、可能性は高いです)

せっかく最後の仕上げなので、焦る気持ちを抑えて、被害の少ない日をしっかりと待って仕上げてしまいましょう^^

てなわけで完成しました

ということで、完成しましたので写真を並べていきます^^

境界戦機 HG メイレスビャクチ 制作記 完成写真その1境界戦機 HG メイレスビャクチ 制作記 完成写真その2境界戦機 HG メイレスビャクチ 制作記 完成写真その3境界戦機 HG メイレスビャクチ 制作記 完成写真その4境界戦機 HG メイレスビャクチ 制作記 完成写真その5境界戦機 HG メイレスビャクチ 制作記 完成写真その6境界戦機 HG メイレスビャクチ 制作記 完成写真その7境界戦機 HG メイレスビャクチ 制作記 完成写真その8

うん、いい感じですね^^

境界戦機 HG メイレスビャクチ 制作記 脚裏側のピストンはこんな感じに

ふくらはぎ裏のシリンダーのところはこんな感じになりました。

ちらっと覗くゴールドが個人的に好きです^^

ちょっとホコリついてますけど、ちゃんと払うと取れますのでご安心を(笑)

境界戦機 HG メイレスビャクチ 制作記 個人的に好きなコックピット周り

個人的に好きなショットがこのコックピット周りです。

マーキングやバックパックとの密度感がいい感じです^^

そして、蛍光塗料で塗装している部分(ツインアイと胸部シリンダーと顎)ですが、UVライトを当てると・・・

境界戦機 HG メイレスビャクチ 制作記 光ってくれるツインアイと胸部シリンダー

おぉー光ってくれた!!

今回始めて蛍光塗料をちゃんと使ってみたので、UVライトを当ててみました^^

よかった、ちゃんと光ってくれて(笑)

ちゃんとした完成記事も作るので、写真はもう少しだけそちらで紹介したいと思います。

 

完成した動画はこちらです。

HGメイレスビャクチは完成しました!

境界戦機 HG メイレスビャクチ 制作記 完成写真その1

ここまで閲覧いただきありがとうございました^^

無事完成しましたので、後日、こちらメルカリにて出品させていただきます。

準備が出来たら下記にリンクを設置するので、覗いてみてください♪

https://jp.mercari.com/item/m92012035462

境界戦機シリーズは作ってて楽しいですね!この記事を書いている現時点で「メイレスケンブ」の製作も進めているので、そちらもよろしくお願い致します。

今回、素組みからステップアップをしたい方向けに書いた記事ですが、正直全て書ききれていない部分が多いので、ケンブの方ではそういった内容を中心に進めてみたいと思います。

 

もし良ければ、ブログのブックマークもよろしくお願い致します^^

またコメントやシェア、ブログ村のランキングポチッでもいいので、何かしらアクションいただけると管理人大喜びなので、よろしくお願い致します^^

みんなも境界戦機のプラモデル作ってみよう!!

それでは他の記事でお会いしましょう~^^


↑メーカー小売希望価格は¥2,640円(税込)です。購入時の価格にはご注意ください。

 

AkidouGreadModelingは「にほんブログ村」に登録しています。
最後まで読んでいただきありがとうございます^^
AkidouGreadModelingを応援してくださる方はバナーをクリックしていただけるとランキングが上がりますのでお手数ですがご協力お願いします(^-^)

AkidouGreadModeling - にほんブログ村
にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村
シェアしていただけると嬉しいです!
Akidouをフォローする
AkidouGreadModeling

コメント

  1. 通りすがりの学生モデラー より:

    か、カッコいい、、、、、、、

  2. AkidouAkidou より:

    通りすがりの学生モデラーさん、ありがとうございます
    そういっていただけると励みになります!
    境界戦機のプラモデルかっこいいので、是非作ってみてくださいね(^o^)

タイトルとURLをコピーしました